航空科学技術大学の沿革

= 略歴 =

1988年

  • マニラ国内空港に「Linkflight Aviation School」 創立

1995年

  • セブ州・マクタン・セブ国際空港へ拠点を全面移転
  • 校名を「FLIGHT DYNAMICS SCHOOL OF AERONAUTICS」に改称

2014年10月

  • FDSA Aviation College of Science and Technology Inc.をパンパンガ州クラーク地区へ創立

2015年12月

  • TESDA(労働雇用省技術教育技能教育庁)よりデュアルトレーニングシステムの事業認可を受領
  • カビテ地区にDTS工業技術専門校(カビテキャンパス)を新規設立

= 年表 =

1988年

  • 英国で航空技術を専攻し、空軍講師として実績を有すEngr. Juanito M. dela Cruzにより
    「Linkflight Aviation School」をマニラ国内空港に創立

1989年

  • 飛行訓練装置の改良に関するパートナーとして久田信良が取締役副社長就任
  • 固定翼機に加えヘリコプターを導入
  • フィリピン政府機関と共同で国産の民間用固定翼航空機の設計・開発〜試作プロジェクト完遂

1990年

  • マニラ空港の急激な空港経費高騰に直面。学生の学費負担増加を避ける為、拠点移設を決定

1991年

  • セブ州マクタン・セブ国際空港へ拠点を移設

1995年

  • フィリピン国内の経済危機により、全事業をセブ州へ移転
  • 校名を「FLIGHT DYNAMICS SCHOOL OF AERONAUTICS」へ改称

2004年

  • 学生のスクーリングライフ拡充の為、別キャンパスを設置
  • 一部の学科を別棟へ移転

2013年

  • 航空事業部門を教育事業から分離独立
  • 新グループ会社設立ならびに日本総代理店設立
  • 格納庫の新築拡張整備工事を着工

2014年10月

  • FDSA Aviation College of Science and Technology Inc.をクラーク地区へ創立

2015年12月

  • TESDA(労働雇用省技術教育技能教育庁)よりデュアルトレーニングシステム(DTS)事業認可を受領
    *(NTR) ライセンス番号 201504020359
    *(DTS)ライセンス番号IVA-12016-04
  • カビテ工業地区にDTS工業技術専門校(カビテキャンパス)を新規設立