ニュース&お知らせ

デュアルトレーニングシステムの事業内容を掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デュアルトレーニングシステムの事業内容を掲載

この度当校FDSA航空科学技術大学の事業内容にデュアルトレーニングシステムを
掲載致しました。
すでに当校カビテ地区のDTS専門校において、研修学生の技能教育を開始しており、
近日中に日系自動車部品製造業様の現場における学生の派遣がスタートの予定で
カリキュラムを進めております。

デュアルトレーニングシステム事業概要

デュアルトレーニングシステム(DTS)とは

TESDA(フィリピン労働雇用省技術教育技能教育庁)より認可を受け、日系製造業へ
研修生を派遣する学生有給実習派遣(デュアルトレーニングシステム(DTS))の事業総称です。
日系製造業にとってこのシステム導入メリットは、人材派遣会社と比較し労務費を大幅低減し
研修生を12ヶ月間の現場実習/就労(有給)に受け入れ、労務コスト低減を大きく図ることが
出来ます。
また、このDTSのシステムは経済的な事情で進学できない学生も働きながら工業技能を身につけ
学校を修了することを可能にする、すぐれた社会貢献事業でもあり、システム採用企業様とともに
当地フィリピン共和国の教育発展に大きく貢献して参ります。

カビテDTS専門校

デュアルトレーニングシステムの特徴

採用企業メリット
■大幅な労務費低減(△40%)
■税金の優遇
■優秀な学生雇用
■基礎教育後(3ヶ月)の現場派遣
■CSR貢献

研修学生メリット
■働きながら技能を身に付け、学校を修了

IMG_1861IMG_1860

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加